トイレや洗面台を普段から綺麗に掃除する方法とは

, , トイレや洗面台を普段から綺麗に掃除する方法とは はコメントを受け付けていません。

トイレや洗面台を普段から綺麗に掃除する方法とは

私が職場でトイレや洗面台の清掃で実践している方法を書いてみます。
まずトイレの便器の内側は、ゴム手袋をしてスポンジで洗います。

スポンジの目の荒いごわごわした方で便器のへりの裏側をこすり、内側の排水の方もまんべんなくこすります。
洗剤は中性洗剤を使いますが、週1回ぐらい酸性の洗剤を使って汚れを落とします。

トイレの便器の外側の下と便座の裏は合成繊維のクロスを水に濡らして中性洗剤を少し付けて拭きます。
洗浄便座なら週1回は便器と便座の間も拭き、洗浄ノズルもスポンジでこすります。

特に便などでトイレが汚れている場合は、便器全体が汚れていることが多いのでそういった普段見えない場所も週1回と限定せずに清掃します。
そしてそれらの道具とは別の合成繊維のクロスで、水を流すところの取っ手などの便座から上の部分を拭きます。

その時ゴム手袋を変えます。
(便や尿が付いているところとそれ以外のところは掃除用具を分けます)そこに便や尿が飛んでいる場合は便器を洗う時に使ったスポンジやクロスで拭き取ってから、別のクロスでふきます。

掃除が終わった後の用具は石けんやハイターを水で薄めたもので洗って干しておきます。
洗面台はトイレとまた別のスポンジで中性洗剤を付けて内側をこすります。

水垢もたまりやすいのでスポンジのゴワゴワした方でこすります。
特に排水口の部分は汚れがたまりやすいのでしっかりこすります。

洗面台の中以外周りも乾いたクロスか固くしぼったクロスで拭きます。
ガラスや金属を拭く専用のクロスがあると、洗面の鏡や金属の蛇口部分なども洗剤なしでピカピカになります。

見えにくい蛇口の下部分も下から見たりして細かい部分もみがいていきます。
私の仕事では毎日するので綺麗に保たれますが、家庭などでは週一回またはひどく汚れた時だけでもやっておくと綺麗さを保てると思います。